給湯器の交換はココ|冬に困らない為の秘策

作業員

利用方法

給湯器

最近はお風呂や温風器などを一台のガス給湯器を使用して実現する方法が増えてきています。お風呂の温度など、従来に比べてきめこまかな設定ができるようになってきているのです。トータルとしてより便利で合理的な給湯システムの実現が可能となってきているのです。

詳細

お湯のトラブル

作業スタッフ

使用している給湯器が故障してしまったら、事故を防ぐためにも早めに点検に来てもらうようにしましょう。故障した箇所が見つかった場合は修理か新品に交換することになりますので、どちらにした方が良いかを考えてみましょう。

詳細

確認しておくこと

給湯器

給湯器の人気の理由としては、ネットから気軽に見積もりを行うことが出来るということです。この他にも、分かりやすい料金設定といったことも挙げられます。その際は、給湯器の設置場所や施工事例を確認することが重要になります。

詳細

お湯が出なくなった場合

ウーマン

本体の取り換えも検討する

給湯器が故障した場合には、まずは修理をお願いすることになりますが、場合によっては交換によることもあります。給湯器の耐用年数は約10年程度と言われていますが、日々使用するものですので、その使用状況等によっても耐用年数は大きく異なってきます。古くなった場合には、おくら修理を繰り返しても、次から次に故障個所が発生することもありますので、一定期間を経過した給湯器については、交換を検討することが大切です。部品の交換や基盤の交換だけで済ませても、人件費などを考えると数万円程度の修理費がかかりますので、繰り返し修理をしても無駄になってしまいます。10年を超えるようなものについては、交換を前提に相談することが大切です。

見積の比較が重要

給湯器の交換は、思いのほか費用がかかりますので注意しなければなりません。給湯器本体の能力にもよりますが、安いものでも10万円程度しますし、高価なものであれば30万円を超えるようなものも多くあります。リモコン機能や追い焚き機能などによって価格がかかりますので、取り換える場合には、どのような機能のものにするかをよく検討して選ばなければなりません。本体の価格は設置業者によって大きく異なってきますので、複数の業者から見積りを徴収したうえで決めることをお勧めします。業者によって、本体の費用が異なるだけでなく、設置工事に伴う費用やアフターフォローの対応も異なってきますので、細かくチェックしなければなりません。